.

ありふれたビギナー向けのFX投資の雑誌では「マイナスになった場合はナンピンすることで、全体の平均の買い付けコストを下げる」などとアドバイスしていたりしますが、これは大きなリスクが待ち受けています。ボニック

まず最初に、ナンピンの仕組みについて手短に説明しておきます。ミュゼの永久脱毛は口コミ

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。コンブチャ コンブチャクレンズ 比較

ドル買いですので、円安に動くほど儲けが大きくなるわけですが思い通りに行かず1ドル=95円まで円高ドル安に向ってしまったとします。ホットヨガ 中央線

このままの状況でポジションを保持し続けたら、プラスになるためにはマイナス分円安が進まなければなりません。電話連絡なし カードローン

誰もが、マイナスは可能な限り早く取り戻したい考えるでしょう。

そのためはじめに売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を1ドル=95円で売買します。

これで、ポジションのコストは1ドル=97.50円まで低くすることができる。

つまり、2円50銭の幅で円安ドル高が進めばマイナスを回復できます。

こういったことがナンピン買いの手法です。

ナンピン買いの理論を聞くと、「なるほど」と思ったりするがマーケットはそう容易には問屋を卸しません。

そもそも、1ドル=95円以下にならないとは、分かるはずがありません。

仮定として、市場が相当に強い円高基調であるならば1ドル=95円ではとまらずさらに一層円高に向う可能性が高くなります。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたとしても、1ドル=95円までドル安になったとしたら、ナンピン買いをしたポジションも、差損が生まれます。

これでは、一番初めに持ったポジションと同時に更なる損を被ります。

この例のように、ナンピンは難しいのだ。

それなら、為替相場が己の物語とは逆の方向にさっさと進む場合、どのような手段で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

取れる手段は2つだけあります。

最初のひとつは覚悟を決めて損切りをする事です。

もうひとりは、現在、自分自身が保有している買いポジションを減らす事でもう一回マーケットがリカバリするのを大人しく待つ事です。

少し大人しいやり方だとみる投資家もいます。

だけど、所有しているポジションに損失が出た時、最もリスクが低いやり方はこの2つ以外にはないです。

勿論、理論上はナンピン買いをする対策もありえます。

けれどもナンピンは損をしているにもかかわらず、買いポジションを小さくするどころか買いポジションを増やしていく考え方です。

この方法では、危険性を制御することなどどうやっても不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンをし続ければいつの日にかマイナスがプラスになるかもしれません。

けれども、それ以前に投資資金が無くなってしまいます。