.

ローンした時、お金を返す時には金利を含めての返金になるのは誰もが知っていると思います。金融会社は利益を目的とした会社なのですから当たり前です。とはいえ支払う方は、わすかでも少なく支払いたいと考えるのが本音でしょう。利息制限法が設けられる一昔前は、年率30%近い金利を払わされていましたが、施行後は高くても年18%位と随分低く決められているので、とっても良くなった気がします。今日のローンの金利枠は4%位から18%位の枠が設けられていて、利用限度額により決められます。使用可能額は申込者の信用によって左右されます。総量制限により年収の1/3までと決められていますので、一年の収入がどれくらいあるのか?どういった職業についているのか?キャッシングカードの利用履歴はどうなのか?調査され与信限度額としてクレジットカードの内容が決まるのです。カードローンの場合利用できる額が10万円〜800万円(各社で内容は同じではありません)と広い枠があります。そしてその範囲の中で定めた利用可能金額により利率も決まるはずです。50万円なら18%、300万円なら年間12%、800万円なら年間4%といった数値になるのです。いわば、評価が高ければ、貸付可能金額も上がり、利子も下がるはずです。この利息に違和感を覚えるのは自分だけでしょうか?余談となりますが、カード業者にとって、これらの事実は常識でしょうが、年収の高い人がキャッシングローンが必要とは考えずらいですし、もしもキャッシングしたケースでも金利が良かろうが悪かろうがお金を返す事に追い込まれる事はないのです。反対に年の収入悪い人はすぐさまお金がほしいから融資を受ける人が多く、金利が良くないとお金の支払いに困ることになります。ですから使用可能枠の小さい人こそ低利息で活用できるようにするべきなのではないでしょうか。これらは活用するサイド側としての意見となります。これらを考慮すると、利子を安くする為にはどのようにすれば良いのか何となく分ったはずです。現実、これから述べる方法で、申請する人が大多数なので教えますと、クレジットカードの申請をする際、一年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申込みをするのです。年収450万円なら150万円。年収900万円なら300万円でカードローン審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分利率が低いキャッシングカードを手にすることができると思います。と言って全額キャッシングしなければいけないという事はありません。15万円でも30万円でも必要な分だけの使用可能です。そのうえ利用限度可能範囲が300万円で最低利率年率7%位のローン業者も有りますので、そちらを手続きをすればその業者の最低利子で使用できるようになるはずです。どう思いましたか?考え方次第で低利率のクレジットカードを持つことが出来るはずです。自身の年収とローン業者の利子を並べて、調査に時間を割けば、より有利な状況でキャッシングできるのですから、ちゃんとチェックするようにする必要があります。